行雲流水の如く

-Re-Start From 65 Years Old-

The Rivers Live in J45(西荻窪)

f:id:wf160310-6741:20201118215504j:plain

 先日の日曜日(15日)、リバースとしては約9か月ぶりのライブに参加してきた。参加バンドは全部で5つ、今回は何とその中でトリをつとめる事となった。

 朝、11時西荻窪駅に集合。11時30分から各バンドごとのサウンドチェック、昼食を間にはさんで13時から演奏開始。

13:00~ /新・時のかたりべ/

 今回の主催者でもあるトメさんのホストバンド。軽快なおしゃべりと素敵な歌声が魅力的。何と10弦ギターなるもの初めて見た。

13:50~ /PCB/

 男性2人のユニットで、学生の頃からの友人同士のユニット。バンド名の由来は、P(プロと)C(ちょっとちがう)B(バンド)という事だそうだ。アリス、小田和正長谷川きよし等を素敵な声とハーモニーで聴かせてくれた。

14:40~ /TORA/

 ギター1本の男性の歌声を、キーボードの女性がハーモニーを交えて支える男女ユニット。独特なしゃがれ声とパワフルな歌声は、まさに魂の叫びとも聞こえた。

15:40~ /猫時間/

 メインボーカルの女性を中心として、アコギとベースの男性2名の3人トリオ。名前はやや不思議なイメージだが、情感あふれる歌声と確かな演奏力には心揺さぶられるものがあった。

16:30~ /The Rivers/

 平均年齢69歳の高齢バンド。60年代英米ポップスを中心に歌うが、最近はややカントリー調の選曲も多くなっている。年甲斐もなく、ロック系の速い曲も演奏するが、老眼のため歌詞が見えにくいという問題を抱えている。

 1 Wake up little susie                   
 2 All I Have to Do is Dream 
 3 Crying in the Rain 
 4 Red Rubber Ball  
 5 I Go to Pieces                             
 6 Lonesome town
*霧のカレリア
 7 Save the Last Dance for Me       
 8 Tenessee Walts                         
 9 Lightning Express
10 Bird Dog
11 On The Roard Again

  今回はEverly Brothersを中心に、Peter & Gordon,Ricky Nelson’、Dorifters、Willie Nelson,また、遊びで練習していた「霧のカレリア」も演奏させてもらった。

 

 今回のライブは、9か月ぶりという事もあって適度な緊張感を感じながらも、他のバンドの演奏をじっくり聴く事ができた。それはまた、新鮮な刺激でもある。

 音楽のジャンルも、表現の仕方も、音楽に求めているものも異なるし、それは一人一人が過ごしてきた人生に裏付けされた違いであって、そのままそこに「でん」と、存在しているんだなあと思わされたライブだった。

 

f:id:wf160310-6741:20201119215731j:plain

最後に全員で撮った記念写真

 このライブで、猫時間さんたちが歌った曲「3つの言葉」。これは、甲府の方のバンドでピーチボーイズという方たちのオリジナルだそうだ。とても良い曲なので、ここに紹介させていただいたが、被りものの経緯は不明💦


三つの言葉 ピーチボーイズ

令和2年11月

f:id:wf160310-6741:20201105223601j:plain

仕事帰りに見た夕焼けの空!


 いつの間にか11月となり、朝夕は結構冷え込む季節になってきた。相変わらず朝夕の通勤時は自転車だが、そろそろ手袋がほしくなる程だ。

 そうは言っても、昔と違って目の色変えて疾走することもなく、空の青さや紅葉の始まった木々に目をやりながら、できるだけゆっくり走っていく。

 今年は、新型インフルエンザに世界中が振り回された1年だった。(まだ、終わっていないが💦)親しい友人と酒を酌み交わす事も、スーパーに行って今夜のおかずを買う事も、ライブで仲間たちと盛り上がる事も、真夏の花火を楽しむ事も、できなかったし、たとえできても細心の注意を払いながら慎重に行わなければならなかった。

 だれもがそれを望んでいたわけではないが、それでも粛々とそうしていかなくてはならない1年だったかも知れない。

 ところで、ここのところ、自身の生活の上で少しだけ変化があった。

 一つは、先日このブログにも書いたがRIversの約9か月ぶりのライブ。今週、下見をかねて西荻窪のお店に行ってきた。本当は、下見と音出し程度のつもりで行ったのだが、「何時間でも練習していて構わない。」というマスターの優しい言葉に甘えて、結局4時間近くも練習させてもらった。音響がしっかりしていてやりやすかったのと、ランチに定食が食べられるのが気に入ってしまった。次回からRiversの練習場所は、ここでやらせてもらう事になった。

f:id:wf160310-6741:20201105222929j:plain

 二つ目は、現在の勤務先である科学館での実験コーナーが来週からようやく再開する事になった。あくまでも限定的な部分再開だが、今年の3月から実験コーナーは中止なっていたので、本当に久々である。現在、再開に向けて実験内容を精査したり、手順を確認したりしながら、準備を進めている。

 三つめは、今年の3月に実施予定で、結局中止になってしまった「教育支援NPO・ボランティア等実践研究交流会」が来年3月にあらためて実施されることになった。今年は、コロナの影響で予定していた活動のほとんどが実施できなかったが、それでもこれからの活動につながる一つの契機になるのではないかと思っている。

 四つ目は、きわめて個人的な事で恐縮だが、2人目の孫ができ、来年6月が予定日だそうだ。上の子がすでに5歳でだいぶ手がかからなくなってきたが、じーじ・ばーばとしてはまた忙しくなりそうだ。

 

 「変化」と言っても、自ら望んだものよりも、外部から勝手にやってきたものの方が多い。現役の頃と違って、何か大きな仕事にやりがいを感じるというような事はとっくになくなっているが、こうして日々の生活の中での、小さな変化を受け入れながら、これからも過ごしていく事になるのだろう。

 

 先日ラジオから流れていた曲・・。大貫妙子 「Dreamland]


Dreamland

 

どん底に大地あり

 

f:id:wf160310-6741:20201025222654g:plain

モデルとなった永井隆医師

 いつ頃からだったかは覚えていないが、少なくともここ数年はNHKの朝ドラをほぼ欠かさず見ている。仕事もあるのでビデオに録画して、後でまとめて見ることも多い。

15分という短い時間の中でテンポ良く話が進んでいく事や、NHKの朝ドラという事もあり、多少ハラハラしても概ねさわやかな内容で話が進行していくのが心地よい。

 ただ、先週から今週にかけての朝ドラ「エール」は今までとは違っていた。裕一の恩師が目の前で殺されたり、自分の作った歌のせいで多くの若者たちが戦死したりするなど、重苦しい描写が取り上げられ、裕一は贖罪の思いから曲が書けなくなってしまう。NHKの朝ドラとしては、ここまで戦争を取り上げるのは異例の事だったようだ。

 ドラマの中で裕一は、映画「長崎の鐘」の主題歌を作曲するために、原作者であり被爆者の治療に当たった永田武という医師に会いに行く。その会話の中にこんな言葉が出てくる。

 「焦土と化した長崎、広島を見てある若者が『神は本当にいるのですか。』と私に問うたとです。」

 「私は、こう答えました。『落ちろ、落ちろ、どん底まで落ちろ。』」

 「その意味、あなたに分かりますか?」

 

 答えに窮した裕一は、3日3晩悩み続けることになるが、やがて原爆投下直後に永田医師が被爆者の治療にあたった場所に赴き、そこで見つけた『どん底に大地あり』という言葉から、その答えが『希望』である事に気付く。

 

 この場面を見ていて、ふと学生時代に読んだ坂口安吾の『堕落論』を思い出し、久しぶりに本棚から探し出して読んでみた。

 「戦争に負けたから堕ちるのではないのだ。人間だから堕ちるのであり、生きているから堕ちるだけだ。だが人間は永遠に堕ちぬくことはできないだろう。なぜなら人間の心は苦難に対して鋼鉄のごとくではあり得ない。人間は可憐であり脆弱であり、それゆえ愚かなものであるが、堕ちぬくためには弱すぎる。」

 「人は正しく堕ちる道を堕ちきることが必要なのだ。」

 どちらも、終戦後、全てのものを失い、家族を失い、それまでの価値観までも失った日本人が、どん底から這い上がろうとする気迫のようなものを感じる。それは、忘れかけていたものでもある。思わぬ事から、若かった頃の自分に出会ったような気がした。

今夜はSTONESで!


The Rolling Stones - Brown Sugar (Live At The Fonda Theatre 2015)

久々のライブ!

f:id:wf160310-6741:20201011211415j:plain

 コロナ禍のため長い間休止となっていた Riversのライブへの参加が決定した。

 以前所属していたフォークソングの団体の代表を務めていたTさんの声かけによるもので、今回Riversを含めて全5組のグループが参加することになった。

 特に、都内のライブハウスは、実際にいくつかの店でクラスターが発生した事により、自粛要請の解除後も多くの苦難を余儀なくされてきた。店を閉じざるを得なかった所もあったし、客を入れても本来の半分以下だったりしている所も多い。

(Riversの活動母体でもある代々木の『こんとん館』は、いまだ閉館中である。)

 初めての店なので、11月に入ったら下見させていただいて、音響以外に感染防止対策等を確認させてもらう予定だが、店側としても最新の注意を払っている事だろう。

 8月頃から、自分の周囲でもこういったライブを再開しようとする動きは出始めている。決して、コロナが収束している訳ではないが、十分な対策をとった上で音楽活動を再開しようという機運が高まってきている。

 

 それにしても、最後のライブが2月だったので、約9か月ぶりのライブとなる!

 コロナに対する不安がないとは言えないが、それ以上にちゃんと歌えるだろうか?

 声は出るだろうか?などそちらの方も気になるところである。まあ、とにかく久しぶりのライブを思い切り楽しむことにしよう!

 ちなみに、来年早々には別なライブも決まっており、ありがたいことである。

 

 今日は、11月のライブで演奏を予定しているエバリー・ブラザースの曲を。

「病気の母親に会いに行くため、切符をもたないまま列車に飛び乗った少年の話」


Everly Brothers - Lightning Express (with lyrics)

 

 

 

 

言葉の力

わたしは、私。|西武・そごう

///先日、あるデパートで見かけた広告///

 

大逆転は、起こりうる。

わたしは、その言葉を信じない。

どうせ奇跡なんて起こらない。

それでも人々は無責任に言うだろう。

小さな者でも大きな相手に立ち向かえ。

誰とも違う発想や工夫を駆使して闘え。

今こそ自分を貫くときだ。

しかし、そんな考え方は馬鹿げている。

勝ち目のない勝負はあきらめるのが賢明だ。

わたしはただ、為す術もなく押し込まれる。

土俵際、もはや絶体絶命。

 

ここまで読んで下さったあなたへ。

文章を下から上へ、一行ずつ読んでみて下さい。

逆転劇が始まります。

 

 この広告は、企業広告として毎年正月に映像やポスターが公表されているもので、今年は大相撲の炎鵬関をキャラクターとして制作されたものだそうだ。

 炎鵬関は体重100㎏に満たない小兵力士だが、体重差100㎏以上の力士を押し出す底力を持っている。残念ながらここの所負け越しが続いているが、ぜひ頑張ってもらいたい力士の一人だ。

 

 こういった広告は、一般にキャッチコピーと言うのだろうか。

 主に商品や作品の広告で使われる言葉で、多くの人の興味や関心を惹きつけることを目的としたものである。

 普段、あまりこういった広告には関心を持たない方なのだが、この広告はつい最後まで読んでしまったし、「ああ、そういう事か」と後で納得させられてしまった。

 言い換えれば、上手く引き込まれてしまったわけだ。

 

 少し意味合いは異なるが、時折こういった「気になる言葉」に出会う事がある。このブログで最近取り上げた『物語』(萩本欣一)は週刊誌だったし、『最初の質問』(長田弘)は新聞だった。短いエッセイの中の言葉だったり、小説の中のある表現だったり主人公のセリフであったり、あるいは流行りの歌の歌詞だったりすることもある。

 それは、心の奥の方に妙に引っかかっていたり、時には何年も住み着いてしまう事もある。場合によっては、自身の考え方の一部に同化してしまう事すらある。

 長い人生の中で、多くの素敵な人たちとの出会いがあるように、多くの価値ある言葉たちと出会えることは、大きな喜びの一つとなる。

 


Don't Worry Be Happy (Bobby McFerrin) | Playing For Change | Song Around The World

 

 

遠雷

f:id:wf160310-6741:20200912211036j:plain

 先日、買い物帰りの車の中で、月が出ているのに遠くで稲光が轟いている状況に遭遇した。珍しいので、家に着いてから、しばらく駐車場の前で夜空の写真を撮っていたところ、このような写真が撮れた。やや分かりにくいが、左の建物の上に光って見えるのが月(雲の流れがはやく、月が一部覆われてしまっている。)、右上の明るい空に稲妻の閃光が見える。

 この頃は、大気が不安定な日が続いており、晴れていたかと思うと急な雨に見舞われたりで夏の終わりに特有の現象のようである。俳句の世界で「遠雷」は夏だそうだが、夏の終わりを象徴するような景色だった。

 夏の終わりと言えば、このところ季節の変化が大きい。

f:id:wf160310-6741:20200912213622j:plain
f:id:wf160310-6741:20200912213643j:plain

  

f:id:wf160310-6741:20200912213739j:plain
f:id:wf160310-6741:20200912213718j:plain

 この写真は8月中旬頃のものだが、現在の職場の裏で育てている野菜や花たちの姿である。いずれも種や苗から育ててきたものだが、実や種子の準備が整ってきている。(現在、ミニトマトはすでに終わり、マクワウリは食べ頃となっている。)

 

 毎日、同じような生活をしていると、こういった自然界の姿に驚かされる事は多い。

 時間は立ち止まることなく、次に向かって変化している。

 自然界の中によどみはない。

 


明日への手紙 - 手嶌葵(フル)

最初の質問

 

f:id:wf160310-6741:20200826221213j:plain

  最初の質問     <長田弘

今日あなたは空を見上げましたか。
空は遠かったですか、近かったですか。
雲はどんな形をしていましたか。
風はどんなにおいがしましたか。
あなたにとって、いい一日とはどんな一日ですか。
「ありがとう」という言葉を今日口にしましたか。

窓の向こう、道の向こうに、何が見えますか。
雨の滴をいっぱいためたクモの巣を見たことがありますか。
樫の木の下で、あるいは欅の木の下で、立ち止まったことがありますか。
街路樹の木の名前を知っていますか。
樹木を友人だと考えたことがありますか。

この前、川を見つめたのはいつでしたか。
砂の上に座ったのは、草の上に座ったのはいつでしたか。
「美しい」と、あなたがためらわず言えるものは何ですか。
好きな花を七つ、挙げられますか。
あなたにとって「わたしたち」というのは、だれですか。

夜明け前に鳴き交わす鳥の声を聴いたことがありますか。
ゆっくりと暮れていく西の空に祈ったことがありますか。
何歳の時の自分が好きですか。
上手に年を取ることができると思いますか。
世界という言葉で、まず思い描く風景はどんな風景ですか。

今あなたがいる場所で、耳を澄ますと、何が聞こえますか。
沈黙はどんな音がしますか。
じっと目をつぶる。すると何が見えてきますか。
問いと答えと、今あなたにとって必要なのはどっちですか。
これだけはしないと心に決めていることがありますか。

いちばんしたいことは何ですか。
人生の材料は何だと思いますか。
あなたにとって、あるいはあなたの知らない人々にとって、
幸福って何だと思いますか。
  
時代は言葉をないがしろにしている。
あなたは言葉を信じていますか。

 

 

 いつの間にか、8月が終わろうとしている。子どもの頃なら、「夏休み」があと少しで終わってしまうという、もの悲しさすら感じていた時期だが、今年の子どもたちは、すでに学校が始まっているらしい。

 そう言えば、今年の夏はツクツクボウシの鳴き声をあまり聞かなかった。いつもなら、高校野球が始まると同時に、やかましい程の大合唱が始まるのに、今年は遠くの方で数回聞いただけだ。その高校野球すら、今年は中止となってしまった。

 花火もあがらない夏・・・・

 アタリマエノモノがあたりまえでなくなると、かえってアタリマエノモノの意味を考えてみたりする。

 


Bill Evans - Stella by Starlight